SES(客先常駐)の転職方法/マインド

SES(客先常駐)の見分け方とは?ホワイト企業の見分け方も合わせて解説します

モニカ
モニカ
SES(客先常駐)を求人票から見分けるにはどうすれば良いの?SES(客先常駐)でホワイト企業を見分けるにはどうすれば良いの?
アリサ
アリサ
SES(客先常駐)企業を見分けること、その中でもホワイトSES(客先常駐)を見極めることは十分可能です

そこで本記事では

本記事で解決できること
  1. SES(客先常駐)の見分け方
  2. ホワイト企業SES(客先常駐)の見分け方

の2点について解説します。

エリック
エリック
本記事の編集者「エスカレ」はSES(客先常駐)プログラマー、SIer(受託開発)として勤務しています。運営者情報はこちらから。

記事前半ではSES(客先常駐)の見分け方を、後半ではホワイトSES(客先常駐)の見分け方を解説するので、じっくり読み込んでくださいね。

SES(客先常駐)の見分け方:簡単に判断できる つの方法

モニカ
モニカ
SES(客先常駐)と直接、記載していない企業が多いわね

次の6つの方法でSES(客先常駐)企業を見分けることができます。

  1. 勤務地が「プロジェクト先」「神奈川近郊」とあいまいな勤務地の記載
  2. 協力会社を募集している
  3. 口コミサイト
  4. オフィスの広さと従業員数が釣り合っていない
  5. TwitterとFacebookで「会社名 SES(客先常駐)」でググる
  6. 取引先企業を見る

1.勤務地がぼやっとしている

勤務地が「プロジェクト先」「東京都周辺、神奈川近郊」といった勤務地がぼやっとしている求人はほぼSES(客先常駐)と考えて間違い無いです。

ロボル
ロボル
客先常駐先は入社してみないとわからないから、このような書き方になっています

SES(客先常駐)の勤務時間も同様に、「プロジェクト先により異なる」と記載されていることが多く、公式HPや就活サイトでわかります。

自社開発や社内SEの求人案内では、勤務先が明確に住所が書かれています。

2.協力会社を募集している

企業のHPで「協力会社・パートナー募集!」と記載されていれば、SES(客先常駐)であることが多いです。

アリサ
アリサ
と言うのも、SES(客先常駐)はエンジニアを案件に派遣することで売り上げにつながっているからです。

SES企業は、とどのつまりたくさんの会社に人材を送り込めば送り込むほど利益が出ます。(利益を給与にしっかり還元してくれるかどうかは会社によって異なる)

企業のHPで目立って大きくSES(客先常駐)と記載することはあまりありません。

3.口コミサイトを活用する

企業の公式HPではなく、口コミサイトを閲覧することでSES(客先常駐)がわかります。

ぶっちゃけ、評判がなぜか悪いSES(客先常駐)の事情を考えてか、SES(客先常駐)企業であっても企業のHPでははっきりSES(客先常駐)と記載されていないことが多いです。

口コミは忖度がない生の意見が書かれているので、とても参考になります。

SES(客先常駐)を見分けられる口コミサイト

4.オフィスの広さと従業員数が釣り合っていない

オフィスワーカー1人当りの床面積について

契約面積ベースの1人当りの床面積については、小規模ビル:13.6㎡、中規模ビル:13.2㎡、大規模ビル:12.3㎡(平均12.5㎡)となっており、大規模ビルの床面積が若干狭くなっている。

引用:ビル実態調査(平成25年版)調査結果要旨

アリサ
アリサ
1人あたり13㎡をオフィスの平均床面積と仮定すると、200人の従業員数だとオフィスの合計が2600㎡が目安ですね。

従業員が200人以上なのに、オフィスが1フロア200㎡しかないなど、オフィスの広さと従業員が釣り合っていない企業は、SES(客先常駐)会社であることが多いです。

アリサ
アリサ
Googleマップを使えば、現地に行かなくてもある程度オフィスの大きさがわかります。

5.Twitter・Facebookでググる

エリック
エリック
「会社名 SES(客先常駐)」でググると、わかることが多いです。

6.取引先企業にSES(客先常駐)企業が多い

多重下請け構造であるIT業界。

SES(客先常駐)企業が取引先企業に明記されている企業は、その会社もSES(客先常駐)であることが多いです。

  1. 勤務地が明確に記載されていない会社はだいたいSES企業
  2. 協力会社・パートナーをHPで募集している。
  3. 口コミサイトを活用する
  4. オフィスの広さと従業員数が釣り合っていない
  5. TwitterFacebookで「会社名ググる」
  6. 取引先企業にSES(客先常駐)企業多い

ホワイトSES(客先常駐)企業の見分け方:SES(客先常駐)企業の中でホワイト企業を探す

SES企業が全てブラックというわけではありません。

ネットではSES企業が全て悪だと言わんばかりの文章がありますが、ホワイトSES企業ももちろんたくさんありますよ。

SES(客先常駐)企業でホワイト企業なのかどうか見分けるには3つの方法があります。

SESはGoogle検索してみると評判がすこぶる悪いですが、SES(客先常駐)の中にもホワイト企業はたくさんあります。

その見分け方は次の4つです。

  1. チームでSES(客先常駐)業務を行うかどうか
  2. 転職エージェントを活用してブラック企業を除外する
  3. 社長が元エンジニア
  4. 口コミサイトの評価が10人以上の回答数でかつ5.0満点中3.0以上

1.チームでSES(客先常駐)業務を行うかどうか

口コミサイトで判別できることが多く、もし記載されていない場合は現場の社員に聞く必要があります。

エリック
エリック
筆者が働いていたSES企業では、チームで必ず客先常駐することが決められており、3人〜10人のチームで必ずベテラン社員のリーダーが1人います。

面接での面談であらかじめ「客先常駐でチームで向かうのか」「リーダーがいるのか」の2点は聞いておきましょう。

チームでSES(客先常駐)業務を行うとホワイト企業である理由として、チームリーダーが顧客と社員の仲介に立ってくれる(慣れた人が交渉してくれる)から無茶なお願いを受け入れるリスクが減るからです。

ロボル
ロボル
未経験者が1人でSES(客先常駐)業務を行うときは、「あっ・・このお願いは断るのが良さそうだ」とか考えられるだけの経験値が圧倒的に足りません。つまり、搾取されるリスクが上がるってことです。

ITスキルやリテラシーが足りていないと、どの業務をやれば良いからとりあえず言われた業務をやるだけになってしまいます。

交渉に慣れている自社のチームリーダーとチームを組んで作業を行っている会社はホワイト企業である可能性が高いです。

2.IT転職エージェントを活用する

IT転職エージェントを活用することで、ブラックなSES(客先常駐)企業に就職するリスクをグッと減らすことが出来ます。

ロボル
ロボル
と言うのも、IT転職エージェント企業に求人記載を依頼するとき、ブラック企業は除外されるフィルタリングされていることが多いからです。

ハローワークでは、ブラック企業の求人も公開されていることが多いので、転職エージェントの活用はホワイト企業に就職したいビジネスマンにおすすめですね。

また、SES(客先常駐)で働いている会社員がキャリアアップのために転職エージェントを活用するメリットはめちゃくちゃあります。

  • 転職サイトにはない非公開求人がある
  • 相談〜内定まで完全無料
  • 履歴書や職務履歴書の添削
  • 模擬面接
  • IT転職のベテランアドバイザーが相談にのってくれる
  • 年収の交渉や面接日程を完全代行
  • 不安な気持ちを吐き出すことができる

これだけのサポートを転職エージェントは完全無料で代行してくれます。

前述したように、IT転職エージェントがブラック企業を除外して案件を紹介してくれるため、ホワイトSES企業に就職できるチャンスが増えるからです。

また、SES(客先常駐)業務を行うかどうかも転職エージェントのアドバイザーが教えてくれるため、見分けることも容易になります。

しかもベテランのアドバイザーだからITの業界事情に関する知識も豊富です。

レバテックキャリアはアドバイザーが元エンジニアだから、エンジニアの気持ちに寄り添って綿密なアドバイスが可能ですよ。

ここからは、その中でのIT転職エージェントの会社を2つに厳選して紹介していきます。

マイナビIT AGENT

マイナビITエージェントのトップ画像

公式サイト:マイナビ IT AGENT

運営会社 マイナビ
業種 インフラ系・社内SE・自社開発・受託開発・ゲーム・Sier・ITコンサル・ゲーム
年齢層 20代前半〜30代後半

マイナビ IT AGENTはマイナビが運営しているIT業界に特化した転職エージェントです。

マイナビを知っている人は多く、新卒採用でもお世話になった人も多いと思います。

エリック
エリック
IT業界の求人がトップクラスなので、紹介できる求人するも必然的に多くなります。

つまり、あなたと相性が良い職場を見つけやすいってことです。ブランド力も高く、信頼できるエージェントですよ。

国内最大級のIT転職エージェント
IT業界の案件数もトップクラス
20代前半〜30代後半の人のエンジニア向け

レバテックキャリア

レバテックキャリアのトップページ
運営会社 レバテック株式会社
業種 インフラ系・社内SE・自社開発・受託開発・ゲーム・Sier・ITコンサル・ゲーム
年齢 20代前半〜40代後半
2つ目は、エンジニア転職の実績がNo. 1のレバテック キャリア
大きな特徴は、元エンジニアがアドバイザーとして転職相談にのってくれることです。IT業界に詳しいため、転職支援もスムーズに進みます。
同じ苦労をしてきた人に相談できるメリットは大きいですよね。アドバイスもエンジニア経験がある人だと説得力もありますし。
また、年収アップ率も転職者の約8割に迫る勢い。
それゆえ、職場でのミスマッチが起こりにくいので、エンジニアの転職で必ず成功させるという方は必ず登録しておきましょう。

レバテック キャリアは年収を上げたいSES(客先常駐)の人に特におすすめ。

ロボル
ロボル
もちろん、登録したからといって必ず転職する必要はありません。3分もかからないのでサクッと相談するノリで2つとも登録しておきましょう!

3.社長が元エンジニア

社長が元エンジニアのSES(客先常駐)企業はブラック企業であるリスクがぐっと減ります。

と言うのも、エンジニアとしての経験からブラックな客先常駐を除外できるだけの交渉力や経験値を伴っていることが多いからです。

モニカ
モニカ
たたき上げで見習エンジニアを経験したからこそ、社員に還元したい思いや願望が会社の給与や福利厚生、働き方に反映されていることが多いよ

元エンジニアは、SESの気持ちを知ってくれることが多く、給与やスキルが身に付く環境を与えてくれることが多いです。

これは、「育児や家事を舐めている旦那」に例えるとわかりやすいのですが、育児や家事の大変さを「旦那が行って」心の芯から大変さを理解してくれて率先して手伝ってくれます。

 

公式HPを参照することで、社長の肩書きや経歴を確認できます。

④昇給制度が明確である

OB訪問や説明会、面接や面談で

  • 1年の昇給回数
  • 具体的な評価制度の仕組み
  • 賞与の有無

 

この3点は必ず、確認するようにしましょう。

このとき回答を濁したり、上手く説明できない場合は評価制度があいまいである可能性が高く、ホワイトSES(客先常駐)企業とは言い難いですね。

 

SES(客先常駐)の見分け方とは?ホワイト企業の見分け方も合わせて解説します!:まとめ

今回は、SES(客先常駐)企業の見分け方とホワイト企業の見分け方についてご紹介してきました。

ご紹介した内容を実践すれば、誰でもSESの企業なのかどうか見分けられるようになりますよ。

また、SESについてさらに詳しくまとめた記事があるので、以下記事で確認してみてください!

悩んだらとりあえず登録すべき2つのIT転職エージェント

簡単30秒!無料会員登録でサイバーエージェントやDeNA、アクセンチュア、NECといった大手企業・有名企業に転職できるかも・・・!(新卒採用より中途採用の方がハードルが低いと言われています。)

2つとも登録すれば転職成功率もグッと上がります。

マイナビ IT AGENT IT転職求人No. 1!20代・30代のSESは登録必須!
レバテック キャリア転職で年収300万円アップの成功事例多数!

転職・フリーランスでSES・SIerエンジニアから大逆転!!

エンジニア転職・フリーランス独立で年収を200万円以上UP!

SES・SIer専門サイト
エスカレ

POSTED COMMENT

  1. […] SES(客先常駐)の見分け方とは?ホワイト企業の見分け方も合わせて解説します […]

  2. […] SES(客先常駐)の見分け方とは?ホワイト企業の見分け方も合わせて解説します […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。